外資系で働くときにあると助かる資格

外資系企業の就業に、持っていたら便利な資格をご紹介!

会計・金融関連なら、BATICが心強い

職業において外資系の仕事は「異文化の色が濃い」「高収入」「実力重視」という印象が強く、「やりがいのある仕事」として長きに渡り注目されています。
外資系企業で働くということはとても有意義な目標であり、目標を達成すれば堅実で輝かしいステータスを得られたと言えるでしょう。

ところで、外資系とひと括りにしても、その職種と形態は多種多様です。
ひとつの企業を取り上げても、それぞれの部門部署に有効な資格は多岐に渡ります。
表向きは似ていても、その特性や有効範囲、取得の難易度、費用、所用年数は千差万別です。
これから資格取得に挑戦しようという方は、どの資格を選ぶのが良いのか?
既に資格を取得している方なら自分はどの職種に進むべきか? 何が出来るのか?
人生を決める大きな要素である就職を、スムーズにするか困難なものにするかが取得する資格にかかっているとも言えるのです。

では外資系で働こうとするとき、どのような資格を持つと良いのでしょうか?
広く数多くの資格を取るに越したことはありませんが、実情、時間にも費用にも限りがあります。
全ての資格を紹介して比較することは出来ませんが、概要をご案内します。
このサイトがあなたに最適な資格選びのお手伝いをいたします。

付け加えますと、取得して無駄になる資格はありません。
資格取得がゴールではありませんし、就職を保証することもありません。
大切なのは「あなたがどう資格を活かすか?」なのです。
分野の違う資格でも取得するまでのプロセスを面接や業務に活かすことはできるはずです。
例え語学が不得手であっても、あなたが取得した資格にある「何か」で補える可能性は充分にあります。
そのような観点から資格をとらえてみると、また違った方向性を感じられるかも知れません。

少し肩の力を抜いて、楽しみながらご覧ください。

外資系なら定番の資格から、意外に役立つ斬新な資格までをご案内

外資系と呼ばれる企業には、いくつかのパターンがありますが、大まかには出資金の割合で判別されています。 日本の企業より外国の法人や投資家の方が多く出資している場合が外資系企業と認識できます。 従って、国外でも通用する経理・会計の資格があれば外資系企業の専門部署で活躍出来るでしょう。

注目のIT関連、CIWを取得しよう!

外資系企業と聞いてまず思いつくのはIT関連企業ではないでしょうか? 資格の側から見ても非常に人気の高いものが数多くあり、いったいどの資格を取得するべきなのか判断に困ってしまうでしょう。 ここでは異なる特性を持った複数の資格を組み合わせるパターンを紹介します。

語学だけじゃ物足りない? CBSで差をつける

外資系企業で働くとき、外国語のコミュニケーション能力は必須と言えます。 ほとんどの就業者が同様の資格を持っていると考えられます。 従って外国語の資格取得は大前提となりますが、コミュニケーションにおいて大切なことは語学力だけではありません。 更に日本語の能力についても無視することは出来ません。